043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 成年後見に関する記事一覧 >
  3. 成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務

成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務

成年後見人の仕事には、大きく分けて代理権の行使と、同意権・取消権の行使の二つが存在します。この仕事は、後見・保佐・補助の類型によって大きく異なります。

代理権の行使とは、本人に代わって財産に関する法律行為を行うことです。介護に関する契約を結んだり、財産を管理したり、あるいは不動産の売買に関する契約を代わりに結んだりします。後見人には、基本的に全ての法律行為に代理権が与えられますが、保佐人・補助人の代理権は家庭裁判所の審判によって決定されるため、本人に必要な法律行為の範囲で本人を代理することになります。

同意権・取消権の行使とは、本人自身がする契約に対して、その契約をすることの同意を与えたり、結んでしまった契約の取り消しをしたりすることを指します。本人が判断能力不十分のために一方的に不利益な契約を結ばされてしまった時などに、本人を保護するために、後見人が代わりに契約を取り消します。

しかし、全ての契約を無制限に取り消せるとなると、契約の相手方はいつ取り消されるかわからない立場に立たされることになり、極めて法律関係が不安定になります。そうなると、本人との契約を敬遠することも予想され、本人に必要な契約すら本人自身で結べなくなってしまいます。そうなることを防ぐため、本人はあらかじめ成年後見人に契約を結ぶ同意をもらうことによって、取り消されない契約を結ぶことができ、契約の相手方も同意により安心して取引を行うことができます。この同意を行う権利が同意権です。

取消権について、後見人は基本的に全ての法律行為を取り消すことができますが、保佐人と補助人は一定範囲に限定されています。また、同意権についても、保佐人と補助人の権利は一定範囲に限定されます。なお、後見人の同意権については、同意があったとしても被後見人が正常な取引を行うことが期待できないため、考えられません。

弁護士 福原 剛は、千葉県を中心に「相続」、「成年後見」、「離婚」などの相談を受け付けております。「成年後見制度」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • 面会交流を拒否できるか?拒否した場合のデメリット

    面会交流を拒否できるか...

    「妻との関係は冷めきっているので離婚したいと思っているが、子どもとの面会交流について話がまとまらない。...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与(民法768条)とは、婚姻中に夫婦で築いた共有財産を離婚に伴って分割することを言います。財産分...

  • 養育費はいつまで支払うか

    養育費はいつまで支払うか

    「養育費の支払いについて合意していたが、負担が重い。いつまで養育費を払い続けなければならないんだろう。...

  • 成年後見制度の種類

    成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚は、単に夫婦関係を解消するだけでなく、慰謝料や財産分与といった金銭が関係してくる場面です。 まず...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の...

  • 任意後見制度の活用

    任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。...

よく検索されるキーワード

ページトップへ