043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

代襲相続

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 代襲相続

代襲相続

代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財産を受け継ぐことをいいます。

本来、配偶者や子などは法定の相続人として認められていますが、そのような法定相続人が既に亡くなっていた場合に代襲相続が起こります。

具体的なケースとして、父親(被相続人A)と母親(配偶者B)がいて、息子(C)が1人、その息子に息子(D)が1人(父母からしたら孫)がいる場合を例にとります。

この場合、配偶者と子は2分の1ずつの法定相続分を持つため、父親が亡くなった場合にはその通りに相続財産は動きます(BCが2分の1ずつ相続する)。

しかし、父親Aが亡くなる前に既に息子Cが亡くなっていた場合には、本来ならばA→C→Dと受け継がれていくはずの財産がCの死がAより早かったという偶然の事情によって途絶えることとなり、不合理な結果となります。

この場合に、Cが相続するはずだった財産をDが相続することが出来るのが代襲相続です。
結果的にBDが2分の1を相続により取得します。

この点、相続放棄は自身だけでなく自身の後の世代への相続をも一切放棄する意思表示であるため、相続人が相続放棄したからといってその子等が代襲相続することはありません。

反対に相続人が遺言などにより相続人として廃除された場合などには、その者の子等をも廃除するという意思表示のない限り、代襲相続は起こります。

弁護士 福原剛は、千葉県を中心として全国どこでも相談を承っています。
相続・成年後見・離婚問題を中心に、家族の間で生じるお困り事を法律という見地から解決致します。
ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合に、子供の養育費をどのように負担するかが問題になることがあります。 ...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用する...

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てる...

  • 中央区の相続相談は当事務所へ!

    中央区の相続相談は当事...

    相続に関しては様々な問題が生じます。 相続が発生した場合、まずは初めにやらなければならないこととして相...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚は、単に夫婦関係を解消するだけでなく、慰謝料や財産分与といった金銭が関係してくる場面です。 まず...

よく検索されるキーワード

ページトップへ