043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続の順番(法定相続人)とは

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続の順番(法定相続人)とは

相続の順番(法定相続人)とは

■相続はどうやってなされるのか
人が亡くなると、相続が発生します。故人の財産は、遺産として相続人に承継されることになります。この遺産相続が行われるにあたっては、誰が相続人となるのか把握しておくことが大切です。相続人の範囲は故人の家族構成等によって様々ですので、遺産分割を行う際には、戸籍謄本等での調査が必要となります。

●法定相続人とは
民法には「法定相続人」というものが定められています。「法定相続人」は、民法上定められた相続人のことで、故人の財産を譲り受ける対象者ということになります。故人が生前に、特に遺言を残していない場合には、この法定相続人が故人の遺産を相続する権利を有します。まず、法定相続人としては、大きく分けて①配偶者②血族相続人の2つが考えられます。
①配偶者については、民法の規定上、配偶者は常に相続人となると定められています。ここで注意すべきは、配偶者というのは、あくまでも法律上の婚姻関係にある者に限られるということです。そのため、内縁関係の場合は配偶者には当たらず、相続人となることはできません。
②血族相続人については、故人の子・親・兄弟姉妹がこれに当たります。そして、相続権が認められる優先順位があり、第一順位が子、第二順位が親、第三順位が兄弟姉妹ということになっています。また、直接血がつながっていなくても、養子縁組をした養親子であれば、相続人として相続権が認められます。

●相続が行われる順番とは
先ほど確認した通り、法定相続人が故人の遺産を相続していくことになります。ここでは、具体例を挙げて、どのような割合や順番で遺産相続が行われるのか簡単に説明していきます。
①配偶者と子1人がいる場合
配偶者は相続分1/2を相続し、残りの1/2を子が相続します。子が複数人いる場合には、子の相続分1/2を複数人で等分することになります。
②配偶者と故人の両親がいる場合(子はいないものとする)
配偶者は相続分2/3を相続し、残りの1/3を故人の両親が等分して、1/6ずつ相続します。両親がいる場合には、優先順位があるため、兄弟姉妹がいたとしても相続人にはなりません。
③配偶者と兄弟姉妹がある場合(子も両親もいないものとする)
配偶者は相続分3/4を相続し、残りの1/4を兄弟姉妹の人数で等分することになります。子も両親もいない場合に、兄弟姉妹に相続の順番が回ってくるということになります。
このような順番と割合で、遺産相続は行われていきます。

みどり総合法律事務所では、相続に関するご相談を承っております。相続人に関する相談につきましても、相続に強い弁護士が対応させていただきます。まずは、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、離婚調停が不調に終わった際に、家庭裁判所が職権で離婚について審判を下し、それによって成立...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合に、子供の養育費をどのように負担するかが問題になることがあります。 ...

  • 千葉市にお住まいで離婚を考えられている方

    千葉市にお住まいで離婚...

    ■離婚をするには 一口に離婚をするといっても、その方法は1つではありません。一般的によく行われている、...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    離婚の際に慰謝料の支払いが行われることが多々ありますが、そもそも慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚は、単に夫婦関係を解消するだけでなく、慰謝料や財産分与といった金銭が関係してくる場面です。 まず...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

よく検索されるキーワード

ページトップへ