043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続放棄の期限

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄の期限

相続放棄の期限

相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。

この期間は相続開始からではなく、自己のために相続があったことを知った時からと定められていて、具体的には相続開始の原因(例えば親が亡くなったこと)を知り、自己が法律上相続人となった事実を知ったときから起算されます。

しかし、相続財産の調査をその3ヶ月で行うのが難しい場合もあり、この期間は申し立てにより伸長することもできます。

この3ヶ月という期間内に何らのアクションも起こさなかった場合には単純承認したものとみなされるため、限定承認や相続放棄をする場合には早急に判断を下すか、期間を伸長する必要があります。

また、この期間内でも限定承認や相続放棄ができなくなる場合もあります。
それは相続人が相続財産を処分した場合で、例えば、相続財産である不動産を相続人が売ってしまうなどです。

このような行為は本来であれば権利者でなければできないような行為であるため、そのような行為をした後にやはり相続放棄をすると言い出すのは行動が矛盾しているということがわかると思います。

他にも相続放棄した後に相続財産を隠匿、消費した場合にも単純承認したとみなされてしまいます。

相続放棄や限定承認をするためには、伸長をしない場合には3ヶ月という決められた期間内に処分などの特定の行為をしないで行わなこければなりません。

これらも相続放棄のもつ大きな効果が認められるための厳格な手続きの一部と言えます。

弁護士 福原剛は、千葉県を中心として全国どこでも相談を承っています。
相続・成年後見・離婚問題を中心に、家族の間で生じるお困り事を法律という見地から解決致します。
ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚は、単に夫婦関係を解消するだけでなく、慰謝料や財産分与といった金銭が関係してくる場面です。 まず...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、家庭裁判所による調停によって離婚の合意がなされる離婚のことを言います。 離婚する際には...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚には全部で4種類あります。 ①協議離婚 協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    夫婦の共有財産として持ち家がある場合、その住宅ローンをどのようにするか、離婚の際に問題になることがあり...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財...

よく検索されるキーワード

ページトップへ