043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

親権と監護権

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 親権と監護権

親権と監護権

親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つに分けられます。

○身上監護権
民法820条は、「親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」として、身上監護権を包括的に定めています。その上で、身上監護権の具体的内容として、①居所指定権(821条)②懲戒権(822条)③職業許可権(823条)が定められています。
なお、この身上監護権がいわゆる監護権にあたります。

①居所指定権
民法上、「子は、親権を行う者が指定した場所に、その居所を定めなければならない」(821条)として、親権者に居所指定権を認めています。

②懲戒権
民法上、「親権を行う者は、第八百二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる」(822条)として、親権者に懲戒権を認めています。もっとも、この懲戒権があるからといって、親権者が子に対して懲戒の名の下、暴力をふるうことは、れっきとした虐待であり、懲戒としては正当化されません。

③職業許可権
民法上、「子は、親権を行う者の許可を得なければ、職業を営むことができない」(823条1項)として、親権者に職業許可権を認めています。

○財産管理権
民法上、「親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する」(824条本文)として、親権者に財産管理権を認めています。この財産管理権は、子の財産を管理する権利と、子の財産に関する法律行為の包括的な代理権の2つをその内容とします。そして、親権者には、子の財産管理について、「親権を行う者は、自己のためにするのと同一の注意をもって、その管理権を行わなければならない」(827条)として、いわゆる自己のためにするのと同一の注意義務が課されています。

弁護士 福原剛は、「離婚 親権 母親」、「離婚 子供 親権 父親」、「dv 離婚 親権」、「離婚 親権 夫」、「離婚 親権 成人」など、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。千葉県、特に千葉市中央区を中心にご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。家族の間のお困り事を解決いたします。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与(民法768条)とは、婚姻中に夫婦で築いた共有財産を離婚に伴って分割することを言います。財産分...

  • 任意後見制度の活用

    任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つ...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは

    成年後見制度は、老齢等により事理弁識能力(判断能力)が不十分になってしまった人のために、その人の事務を...

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    相続人が一人ではない場合、どの財産がどれくらい誰のものになるかといった話し合いをして遺産の分割について...

よく検索されるキーワード

ページトップへ