043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

親権と監護権

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 親権と監護権

親権と監護権

親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つに分けられます。

○身上監護権
民法820条は、「親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う」として、身上監護権を包括的に定めています。その上で、身上監護権の具体的内容として、①居所指定権(821条)②懲戒権(822条)③職業許可権(823条)が定められています。
なお、この身上監護権がいわゆる監護権にあたります。

①居所指定権
民法上、「子は、親権を行う者が指定した場所に、その居所を定めなければならない」(821条)として、親権者に居所指定権を認めています。

②懲戒権
民法上、「親権を行う者は、第八百二十条の規定による監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる」(822条)として、親権者に懲戒権を認めています。もっとも、この懲戒権があるからといって、親権者が子に対して懲戒の名の下、暴力をふるうことは、れっきとした虐待であり、懲戒としては正当化されません。

③職業許可権
民法上、「子は、親権を行う者の許可を得なければ、職業を営むことができない」(823条1項)として、親権者に職業許可権を認めています。

○財産管理権
民法上、「親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為についてその子を代表する」(824条本文)として、親権者に財産管理権を認めています。この財産管理権は、子の財産を管理する権利と、子の財産に関する法律行為の包括的な代理権の2つをその内容とします。そして、親権者には、子の財産管理について、「親権を行う者は、自己のためにするのと同一の注意をもって、その管理権を行わなければならない」(827条)として、いわゆる自己のためにするのと同一の注意義務が課されています。

弁護士 福原剛は、「離婚 親権 母親」、「離婚 子供 親権 父親」、「dv 離婚 親権」、「離婚 親権 夫」、「離婚 親権 成人」など、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。千葉県、特に千葉市中央区を中心にご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。家族の間のお困り事を解決いたします。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    離婚の際に慰謝料の支払いが行われることが多々ありますが、そもそも慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続...

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    遺産の範囲を確定するにあたっては調査が必須になります。これは遺言が残されていた場合でも変わりません。 ...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、離婚調停が不調に終わった際に、家庭裁判所が職権で離婚について審判を下し、それによって成立...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与(民法768条)とは、婚姻中に夫婦で築いた共有財産を離婚に伴って分割することを言います。財産分...

  • 別居中の生活費

    別居中の生活費

    「夫のDV(家庭内暴力)に耐えきれず別居している。経済的に苦しいのだが、生活費を請求することはできるの...

  • 不動産相続

    不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不...

よく検索されるキーワード

ページトップへ