043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

離婚と子供

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚と子供

離婚と子供

未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。

まずは、夫婦のどちらが親権者になるかです。
民法上、未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、子の親権はどちらか一方にする必要があります(単独親権、766条1項)。
この親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称のことを言い、その内容は、身上監護権と財産管理権の2つに分けられます。

次に、離婚後の子供の養育費についても、どちらがどの程度負担するのか取り決める必要があります。
法律上、親は子の生活保持義務を負っています。生活保持義務とは、親が自己と同程度の生活水準まで子を扶養する義務のことを言います。
この生活保持義務はあくまでも親と子という親子関係からから発生する義務であるため、離婚によって子の親権や監護権を失う場合であっても免れるわけではありません。そのため、そのような場合であっても親は養育費を支払う必要があります。

また、離婚後、子の氏や戸籍をどのようにするかも取り決める必要があります。
離婚後も子が婚姻中の戸籍に残る場合には特段の手続きや変更はありませんが、除籍された親と同一の戸籍に入る場合には、入籍の手続きが必要になります。特に、除籍された親が復氏した場合には、子はその者と同一の氏を名乗っていないと、その者と同じ戸籍には入れないため、子は家庭裁判所による「子の氏の変更許可の審判」を受ける必要があります。

さらに、離婚後、親権者にはならない親と子の面会交流についても取り決める必要があります。具体的には、面会交流の回数や頻度、場所、時間等を決める必要があります。
なお、離婚時にした取り決めを当事者が守らない場合には、面接交流を求める調停を家庭裁判所に申し立てることができます。

弁護士 福原剛は、「離婚 円満 子供」、「離婚 子供 気持ち」、「不倫 離婚 子供」、「離婚 子供 成人」、「離婚 再婚 子供」、「親 離婚 子供 離婚」、「離婚 子供 幸せ」、「離婚 子供 どうする」、「離婚 決意 子供」、「両親 離婚 子供 影響」など、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。千葉県、特に千葉市中央区を中心にご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。家族の間のお困り事を解決いたします。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によ...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合に、子供の養育費をどのように負担するかが問題になることがあります。 ...

  • 任意後見制度の活用

    任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つ...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、家庭裁判所による調停によって離婚の合意がなされる離婚のことを言います。 離婚する際には...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚には全部で4種類あります。 ①協議離婚 協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係...

よく検索されるキーワード

ページトップへ