043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

離婚の種類と手続き

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚の種類と手続き

離婚の種類と手続き

離婚には全部で4種類あります。

①協議離婚
協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。離婚をする場合には、まず夫婦が協議して離婚するかどうか決するのが通常ですが、この協議に基づいてなされる離婚が協議離婚です。
協議離婚の場合、④裁判離婚(770条)と異なり、法定離婚事由(同条1項各号)に関わりなく、夫婦が協議して離婚に合意すればいかなる理由に基づいて離婚をしてもよいとされています。また、実務上、離婚する夫婦の9割以上がこの協議離婚によって婚姻関係を解消しています。

②調停離婚
調停離婚とは、家庭裁判所による調停によって離婚の合意がなされる離婚のことを言います。
①協議離婚が不調に終わった場合、裁判によって離婚するかどうか決することになりますが(④裁判離婚)、法律上、調停前置主義が採られているため、離婚訴訟を提起する場合には、原則としてまずは調停を行わなくてはいけません。この調停で離婚の合意がなされるのが調停離婚です。

③審判離婚
審判離婚とは、離婚調停が不調に終わった際に、家庭裁判所が職権で離婚について審判を下し、それによって成立する離婚のことを言います。
離婚調停が不調に終わった場合でも、調停を行ったことをもって調停前置主義の要件が満たされるので、当事者は離婚訴訟を行うことができます。
しかし、家庭裁判所は、相当と認める場合に職権で離婚について審判をすることができます(調停に代わる審判、家事事件手続法284条1項)。これによって成立する離婚が審判離婚です。

④裁判離婚
裁判離婚とは、裁判によって離婚をすることを言います。
裁判離婚をするためには、法定離婚事由が必要となります。法定離婚事由とは、
ⅰ 配偶者に不貞な行為があったとき(770条1項1号)
ⅱ 配偶者から悪意で遺棄されたとき(同条項2号)
ⅲ 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき(同条項3号)
Ⅳ 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき(同条項4号)
ⅴ その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき(同条項5号)
の5つです。このどれかに該当しないと離婚することはできません。

弁護士 福原剛は、「離婚 正当 理由」、「離婚したい 性格の不一致」、「離婚 手続き 書類」、「離婚 話し合い 拒否」、「離婚 判決 届出」など、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。千葉県、特に千葉市中央区を中心にご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。家族の間のお困り事を解決いたします。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    人が亡くなると相続が始まります。 相続の手続きのためにはまず、遺産の範囲と相続人を確定させなければな...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間...

  • 不動産相続

    不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    夫婦の共有財産として持ち家がある場合、その住宅ローンをどのようにするか、離婚の際に問題になることがあり...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは

    成年後見制度は、老齢等により事理弁識能力(判断能力)が不十分になってしまった人のために、その人の事務を...

よく検索されるキーワード

ページトップへ