043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

離婚後の氏と戸籍

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 離婚後の氏と戸籍

離婚後の氏と戸籍

夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、まず離婚に伴う①当事者の氏と戸籍の変動を概説した上で、②子の氏と戸籍の変動について概説していきます。

①当事者の氏と戸籍の変動
まず、夫婦は婚姻中、「婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」ことになります(民法750条)。そして、夫婦が離婚すると、「婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する」ことになります(767条1項、裁判上の離婚についても同様(771条))。これを復氏と言います。もっとも、復氏した者が婚姻中の氏を引き続き名乗りたい場合には、離婚の日から3か月以内に婚氏続称届を提出することによって、婚姻中の氏を引き続き名乗ることができます(767条2項、771条)。

そして、離婚すると、夫婦のうち、戸籍の筆頭者でない者は婚姻中の戸籍から除籍されます。ここで、除籍された者は、復氏した場合には、婚姻前の戸籍に戻るか(これを復籍と言います)、新たに単独の戸籍を作成することになります。一方、婚姻中の氏を引き続き名乗る場合には、必ず新たに戸籍を作成する必要があります。なぜなら、戸籍は同一の氏でなければならないため、婚姻前の戸籍に復籍することはできないからです。

②子の氏と戸籍の変動
子は両親が離婚しても、今ある氏、すなわち、両親の婚姻中の氏のままとなります。もっとも、子が復氏した親と同じ氏にしたい場合には、家庭裁判所による「子の氏の変更許可の審判」を受けることによって、氏を変更することができます(791条1項)。

戸籍については、両親が離婚した場合、子は婚姻中の戸籍に残ることになります。そのため、子が婚姻中の戸籍から除籍された親の戸籍に入りたい場合には、別途入籍手続が必要となります。
なお、これは除籍された親が親権者になる場合でも同じです。自動的に子が親権者と同一の戸籍に入るわけではありません。
また、先ほど述べた通り、戸籍は同一の氏でなければならないため、除籍された親と子が同一の戸籍に入るためには、ⅰ親が婚姻中の氏を引き続き名乗るかⅱ子が復氏した親と同じ氏を名乗ることが必要となります。ⅰの場合、婚氏続称届、ⅱの場合、「子の氏の変更許可」の手続をそれぞれ踏む必要があります。

弁護士 福原剛は、「離婚 親権 戸籍」、「離婚 戸籍 子供」、「離婚 子供 姓」、「離婚 苗字 子供」など、離婚に関する様々な法的問題を取り扱っております。千葉県、特に千葉市中央区を中心にご相談を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。家族の間のお困り事を解決いたします。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合に、子供の養育費をどのように負担するかが問題になることがあります。 ...

  • 養育費はいつまで支払うか

    養育費はいつまで支払うか

    「養育費の支払いについて合意していたが、負担が重い。いつまで養育費を払い続けなければならないんだろう。...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚には全部で4種類あります。 ①協議離婚 協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

  • 財産分与

    財産分与

    財産分与(民法768条)とは、婚姻中に夫婦で築いた共有財産を離婚に伴って分割することを言います。財産分...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つ...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間...

  • 成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用する...

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てる...

よく検索されるキーワード

ページトップへ