043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

後見人 弁護士

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 後見人 弁護士

後見人 弁護士に関する基礎知識記事や事例

  • 成年後見制度とは成年後見制度とは

    成年後見制度は、老齢等により事理弁識能力(判断能力)が不十分になってしまった人のために、その人の事務を代わりに行う「後見人」を任命する制度のことです。 明治時代から類似の制度である禁治産制度が...

  • 成年後見制度を利用するにあたって成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てることにより、法定後見制度を利用することになります。法定後見制度には後見・保佐・補助の三類型が...

  • 成年後見制度の種類成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断能力が不十分になる前に、あらかじめ判断能力が不十分になった時に支援してくれる人を選定しておく...

  • 成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務

    成年後見人の仕事には、大きく分けて代理権の行使と、同意権・取消権の行使の二つが存在します。この仕事は、後見・保佐・補助の類型によって大きく異なります。 代理権の行使とは、本人に代わって財産に関...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければならないため、特別の手続きを要します。手続きを弁護士などに委託することは多いですが、弁護士に依...

  • 成年後見成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話し合いに参加し、意味を理解したうえで同意することが難しいからです。 遺産分割協議によって相...

  • 任意後見制度の活用任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。 任意後見制度は、健常な段階で、あらかじめ後見の範囲と後見人を定めておく制度です。公正証書...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続...

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    遺産の範囲を確定するにあたっては調査が必須になります。これは遺言が残されていた場合でも変わりません。 ...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚は、単に夫婦関係を解消するだけでなく、慰謝料や財産分与といった金銭が関係してくる場面です。 まず...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 成年後見

    成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話...

  • 協議離婚

    協議離婚

    協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。協議離婚の場合、裁判...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷...

よく検索されるキーワード

ページトップへ