043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続 離婚

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続 離婚

相続 離婚に関する基礎知識記事や事例

  • 成年後見成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話し合いに参加し、意味を理解したうえで同意することが難しいからです。 遺産分割協議によって相...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    相続人が一人ではない場合、どの財産がどれくらい誰のものになるかといった話し合いをして遺産の分割についての詳細を決めなくてはなりません。この遺産の分配を遺産分割といいます。 相続人を確定したら、...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    遺産の範囲を確定するにあたっては調査が必須になります。これは遺言が残されていた場合でも変わりません。 相続の対象となる遺産は、死亡時に被相続人が所有していた全ての財産となります。 遺産について...

  • 成年後見制度を利用するにあたって成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てることにより、法定後見制度を利用することになります。法定後見制度には後見・保佐・補助の三類型が...

  • 相続の流れ相続の流れ

    人が亡くなると相続が始まります。 相続の手続きのためにはまず、遺産の範囲と相続人を確定させなければなりません。遺産の範囲といっても、被相続人が生前有していた財産だけではなく、債務などのマイナス...

  • 養育費はいつまで支払うか養育費はいつまで支払うか

    「養育費の支払いについて合意していたが、負担が重い。いつまで養育費を払い続けなければならないんだろう。」 「養育費の支払いを続けられないとして、相手が一方的に支払いをやめてしまった。本当はいつま...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財産を受け継ぐことをいいます。 本来、配偶者や子などは法定の相続人として認められていますが、...

  • 相続放棄相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によって被相続人の借金のようなマイナスの財産を相続することもあります。 また、そのようなマイナ...

  • 任意後見制度の活用任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。 任意後見制度は、健常な段階で、あらかじめ後見の範囲と後見人を定めておく制度です。公正証書...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 遺言書作成

    遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、離婚調停が不調に終わった際に、家庭裁判所が職権で離婚について審判を下し、それによって成立...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    離婚の際に慰謝料の支払いが行われることが多々ありますが、そもそも慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、...

よく検索されるキーワード

ページトップへ