043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続に関する記事一覧

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧

相続

人が亡くなると相続が始まります。それにより相続人は被相続人が生前持っていた権利義務を承継することになります。

そこでまず、誰が相続人にあたるか、何が相続財産なのかを確定する必要があります。
そこに遺言が絡んだ場合は原則それに従って相続が行われます。遺言がない場合は法定相続人(法律上相続人になると定められた人)を中心に話し合いを進めていきます。
そのような話し合いには争いも起きやすく、手続きも煩雑になります。

弁護士 福原剛は、千葉県を中心として全国どこでも相談を承っています。
相続・成年後見・離婚問題を中心に、家族の間で生じるお困り事を法律という見地から解決致します。
ぜひお気軽にご相談ください。

相続に関する基礎知識や事例

  • 相続の流れ相続の流れ

    人が亡くなると相続が始まります。 相続の手続きのためにはまず、遺産の範囲と相続人を確定させなければなりません。遺産の範囲といっても、被相続人が生前有していた財産だけではなく、債務などのマイナス...

  • 相続のための事前準備相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷い、時には争いトラブルが発生してしまいます。 そういった事態を避けるためにも財産をどのよ...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の一つとして遺言書があり、それを書くために成人している必要はなく、14歳から出来るようになりま...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    相続人が一人ではない場合、どの財産がどれくらい誰のものになるかといった話し合いをして遺産の分割についての詳細を決めなくてはなりません。この遺産の分配を遺産分割といいます。 相続人を確定したら、...

  • 相続放棄相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によって被相続人の借金のようなマイナスの財産を相続することもあります。 また、そのようなマイナ...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間は相続開始からではなく、自己のために相続があったことを知った時からと定められていて、具体的に...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続人とその相続人の取り分までをも定めています。また、誰が亡くなっているかによって相続人が誰にな...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    遺産の範囲を確定するにあたっては調査が必須になります。これは遺言が残されていた場合でも変わりません。 相続の対象となる遺産は、死亡時に被相続人が所有していた全ての財産となります。 遺産について...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財産を受け継ぐことをいいます。 本来、配偶者や子などは法定の相続人として認められていますが、...

  • 成年後見成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話し合いに参加し、意味を理解したうえで同意することが難しいからです。 遺産分割協議によって相...

  • 不動産相続不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不動産を全相続人での共有とすることは少なく、相続人の1人が不動産をすべて取得して、他の相続人に...

  • 相続法改正で何が変わったか相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑だけあれば作成できる自筆証書遺言 ②2名の証人が立ち合いの下、公証人が作成する公正証書遺言 ...

  • 中央区の相続相談は当事務所へ!中央区の相続相談は当事務所へ!

    相続に関しては様々な問題が生じます。 相続が発生した場合、まずは初めにやらなければならないこととして相続人や相続財産を調査があります。 これを行わなければ後から相続人が増えたり、相続財産が変わっ...

  • 千葉市の相続に強い弁護士をお探しの方千葉市の相続に強い弁護士をお探しの方

    ■相続が発生したら 相続が発生したら、どのような手続きが待っているのかご存じでしょうか。相続は突然発生する問題です。しかし、相続に関する手続きは、多くのことを同時並行に行い、計画的に進める必要が...

  • 相続の順番(法定相続人)とは相続の順番(法定相続人)とは

    ■相続はどうやってなされるのか 人が亡くなると、相続が発生します。故人の財産は、遺産として相続人に承継されることになります。この遺産相続が行われるにあたっては、誰が相続人となるのか把握しておくこ...

  • 兄弟で争いやすい相続トラブルとは兄弟で争いやすい相続トラブルとは

    相続においては、兄弟姉妹間における争いも生じます。仲の良い兄弟であっても、遺産相続を契機に関係が悪化し、訴訟で争うこととなるケースも決して珍しくありません。 そのような事態にならないよう、兄弟間...

  • 遺留分とは?遺留分とは?

    遺産相続の際、被相続人が生前・死因贈与を行っていたり、遺言により多額の財産を特定人に相続させる旨を記載していた場合には、相続人の取り分が少なくなってしまい、相続財産に不平等が生じるおそれがありま...

  • v千葉市の遺言書作成は弁護士福原剛にご相談ください千葉市の遺言書作成は弁護士福原剛にご相談ください

    遺言書の作成方法にはいくつか種類があります。たとえば、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言というものです。特に自筆証書遺言の場合、公証人を介入させずに個人で作成する遺言のため、形式を間違えて...

  • 遺言書にはどのような効力があるか遺言書にはどのような効力があるか

    遺言とは、被相続人の生前最後の意思表示を死後に遺したものです。通常遺言書には、誰にどの財産を譲り渡すかということが記されています。すなわち、相続分の指定や遺産分割方法の指定です。遺言が無い場合、...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続の際、誰がどの財産をどのくらい受け取るかについては、遺言の内容や遺産分割協議によって決定されます。通常は、誰がどのくらいの財産を承継するかについては、法定相続分に則って決定されます。しかし、...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在します。 このうち、遺言書による相続方法では、遺言者により自由に相続内容や相続人が決定できてしま...

  • トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイントトラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

    ■遺言に関するトラブルと対策とは 相続の際には、遺言に関して様々なトラブルが想定されます。 例としては、作成された遺言書が無効であるといわれてしまったり、内容が遺留分を侵害するものであったりする...

  • 孫が代襲相続するときの注意点孫が代襲相続するときの注意点

    ■代襲相続とは 代襲相続とは、本来相続人になるはずの人が死亡などの理由により相続できない場合に、代襲相続人が代わりに相続する制度をいいます。 この代襲相続人は、法律により「第1順位の直系卑属(孫...

  • 被相続人の介護をした人は遺産相続に有利になるのか被相続人の介護をした人は遺産相続に有利になるのか

    ■介護をしていた相続人が有利になる場合とは 相続人が被相続人の介護をしていた場合、相続において財産分与の面で有利になるのは「寄与分」が認められる場合といえます。 「寄与分」とは何なのか、以下にご...

  • 未成年者が相続人の場合未成年者が相続人の場合

    ■未成年者が相続人となった場合 未成年者が相続人となるのは、未成年者の親が亡くなっていたり、祖父母が亡くなっていたりする場合が考えられます。 このとき、未成年者は単独で法律行為をすることができな...

  • 兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?

    遺留分とは、最低限度の相続分のことをいいます。通常は、民法で定められる法定相続分に従って財産を分配します。もっとも、相続分について遺言で特別の定めがある場合には、遺言に従って、財産を分配すること...

  • 公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~

    遺言に従って遺産を分配した結果、特定の法定相続人が著しく少ない財産を承継した場合、または、全く財産を承継できなかった場合には、遺留分侵害額請求をすることができます。 遺留分とは、最低限度の相続分...

  • 公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

    遺言書を作成する方法は、大きく二つに分けられます。普通方式遺言と特別方式遺言です。通常は、普通方式遺言による方法で遺言書を作成しますが、それが不可能な場合には特別方式遺言による方法で作成します。...

  • 遺留分を請求されたらどうするべき?適切な対処法とは遺留分を請求されたらどうするべき?適切な対処法とは

    親族が亡くなった際、相続で揉めることは珍しくありません。 この際、大きな決め手となるのが遺言ですが、実は遺言よりも優先される遺留分という権利があることをご存知でしょうか。 今回は遺留分の特徴と請...

  • 孫に遺留分は認められる?注意点も併せて解説孫に遺留分は認められる?注意点も併せて解説

    「祖母が亡くなったが、遺言で第三者に財産を全て遺贈していた」 このケースのように、被相続人が亡くなった後に、孫が一銭も遺産を受け取ることができず、生活に窮してしまうことがあります。 しかしこうい...

  • 後々もめない公正証書遺言作成のポイント後々もめない公正証書遺言作成のポイント

    遺言と一言に言ってもその種類は多岐にわたり、費用や信頼性によって形式が異なってきます。今回はその中でも公正証書遺言について解説していきます。 ■公正証書遺言 公正証書遺言とは、遺言の一種であり...

  • 孫に遺産相続する方法とは?注意点も併せて解説孫に遺産相続する方法とは?注意点も併せて解説

    自分の死後に、子や孫に財産を相続させたいと思っていらっしゃる方は多いです。 孫に相続をさせたい場合には、どのような手順が必要なのでしょうか。 本稿では、孫に遺産相続する方法やその注意点...

  • 全財産を一人に相続させる場合の遺言書の書き方全財産を一人に相続させる場合の遺言書の書き方

    自分の死後に、自分の財産を相続させたくない相続人がいる場合や、全財産を一人の相続人に相続させたい場合など、相続に関するご相談はさまざまなものがあります。 本稿では、全財産を一人に相続させる...

  • 生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど

    遺留分とは、財産の相続に当たって、民法上の規定により被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に最低限保障されている財産の取り分をいいます。 そして、遺留分放棄とは、相続に当たってこのような遺留分...

  • 法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?

    自筆証書遺言は、遺言者が自分で作成する遺言のことを指します。 これには簡単に作成できて、余分な費用がかからないという利点がありますが、一方で、自己保管することによって紛失や隠匿、改ざんされ...

  • 【相続トラブル対策】財産目録の作成のすすめ【相続トラブル対策】財産目録の作成のすすめ

    財産目録がなくとも、相続を行うこと自体は可能です。 もっとも、相続トラブルを防ぐためには、財産目録の作成は非常に重要になってきます。 この記事では、相続トラブル対策としての財産目録の作...

  • 特別受益とは?対象となるケースや遺留分との関係など特別受益とは?対象となるケースや遺留分との関係など

    特別受益とは、被相続人から一部の相続人だけが受け取った、生前贈与や遺贈などによる利益のことを指します。 もっとも、特別受益の対象となるのはどのようなケースか正確に知らない方が多いので...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 特別受益とは?対象となるケースや遺留分との関係など

    特別受益とは?対象とな...

    特別受益とは、被相続人から一部の相続人だけが受け取った、生前贈与や遺贈などによる利益のことを指します...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続遺産の独り占めを阻...

    相続の際、誰がどの財産をどのくらい受け取るかについては、遺言の内容や遺産分割協議によって決定されます。...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によ...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    夫婦の共有財産として持ち家がある場合、その住宅ローンをどのようにするか、離婚の際に問題になることがあり...

  • 配偶者と別居に必要な準備とは

    配偶者と別居に必要な準備とは

    離婚に先んじて、配偶者との別居を考えている方もいらっしゃるかと思います。しかし、別居という事実は離婚に...

  • 公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

    公正証書遺言の作成手順...

    遺言書を作成する方法は、大きく二つに分けられます。普通方式遺言と特別方式遺言です。通常は、普通方式遺言...

  • 孫が代襲相続するときの注意点

    孫が代襲相続するときの注意点

    ■代襲相続とは 代襲相続とは、本来相続人になるはずの人が死亡などの理由により相続できない場合に、代襲相...

  • 成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用する...

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てる...

よく検索されるキーワード

ページトップへ