043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

■遺言に関するトラブルと対策とは
相続の際には、遺言に関して様々なトラブルが想定されます。
例としては、作成された遺言書が無効であるといわれてしまったり、内容が遺留分を侵害するものであったりすることが考えられます。
他にも様々なトラブルが想定されますが、それらをできるだけ減らすための対策について以下にご紹介します。

〇公正証書遺言を作成する
遺言書の作成方式には、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3つの方式が存在します。
そのうち、相続が発生したのちに無効となり得るのが前者の2つであり、これに対し公正証書遺言は作成する際に公証役場において公証人とともに作成を行うため、原則として遺言が無効となることがありません。
作成には他の2つよりも多くの時間や労力を要しますが、トラブルを避けるためにはいい対策となりえます。

〇要式を守る
自筆証書遺言や秘密証書遺言においても、相続後トラブルが生じないように、様々な要式が求められています。
この要式を脱してしまうと、法的に遺言書は無効となってしまうため、必ずこれを守ることが必要です。
例としては、すべて自筆で作成する、作成日を記載する、署名・押印を忘れないといったルールが存在します。

〇少しでも不安があれば専門家に相談する
遺言書の作成に当たっては、特別受益や遺留分の配慮をしなければならないことなどの法律の知識を必要としたルールが複数存在します。
遺言書を作成するうえで少しでもご不安な点がありましたら、弁護士などの専門家にご相談いただくことをおすすめします。

みどり総合法律事務所は、千葉市中央区を中心に地域の皆様のお悩みを広く承っている相続に強い法律事務所です。
相続に関するお悩みがおありの方は、お気軽に弁護士 福原 剛(みどり総合法律事務所)までご相談ください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 遺言書にはどのような効力があるか

    遺言書にはどのような効...

    遺言とは、被相続人の生前最後の意思表示を死後に遺したものです。通常遺言書には、誰にどの財産を譲り渡すか...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によ...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    人が亡くなると相続が始まります。 相続の手続きのためにはまず、遺産の範囲と相続人を確定させなければな...

  • 未成年者が相続人の場合

    未成年者が相続人の場合

    ■未成年者が相続人となった場合 未成年者が相続人となるのは、未成年者の親が亡くなっていたり、祖父母が亡...

  • 養育費はいつまで支払うか

    養育費はいつまで支払うか

    「養育費の支払いについて合意していたが、負担が重い。いつまで養育費を払い続けなければならないんだろう。...

  • 生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど

    生前の遺留分放棄|具体...

    遺留分とは、財産の相続に当たって、民法上の規定により被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に最低限保障さ...

  • 兄弟で争いやすい相続トラブルとは

    兄弟で争いやすい相続ト...

    相続においては、兄弟姉妹間における争いも生じます。仲の良い兄弟であっても、遺産相続を契機に関係が悪化し...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは

    成年後見制度は、老齢等により事理弁識能力(判断能力)が不十分になってしまった人のために、その人の事務を...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

よく検索されるキーワード

ページトップへ