043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続放棄のメリット・デメリット

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄のメリット・デメリット

相続放棄のメリット・デメリット

相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相続放棄、プラスの相続財産の限度でマイナス財産をも承継するのが限定承認となります。

遺産の規模がわからない人間にとっては限定承認というのはとても魅力的な制度ですが、相続人全員で家庭裁判所に申し立てをする必要があるなど、手続きが煩雑になっています。

何もアクションを起こさないと単純承認したことになりますが、相続放棄自体も限定承認と比べると手続きは容易で、相続人単独での申し立てをすることが出来ます。

相続放棄は、マイナス財産がプラス財産を上回っていることが明確な場合にはこれらの義務を放棄するためにとても有効な制度です。
しかし、それと同時にプラスの財産も放棄することになるので、遺産の規模を見誤っていた場合や周りに促されて相続放棄をした場合には利益を失うこともあります。

似たような対応として遺産分割協議の場で「相続分は要らない」と主張することが考えられますが、これは相続放棄とは異なります。

相続放棄は家庭裁判所に申述するという要件が法律で定められているため、マイナスの相続財産をも放棄することが出来るという大きな効果をもたらしますが、そもそも債務のようなマイナスの財産は相続人間の話し合いでその帰属を定めることはできません。

したがって、遺産分割協議の場で相続を放棄しますというような発言をした場合は、プラスの財産は放棄することになりますが、マイナスの財産はその相続を回避することが出来ないことになります。

こういった場合でも相続放棄は良くも悪くも特別の効果を生じさせる制度ということが分かると思います。

弁護士 福原剛は、千葉県を中心として全国どこでも相談を承っています。
相続・成年後見・離婚問題を中心に、家族の間で生じるお困り事を法律という見地から解決致します。
ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つ...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 兄弟で争いやすい相続トラブルとは

    兄弟で争いやすい相続ト...

    相続においては、兄弟姉妹間における争いも生じます。仲の良い兄弟であっても、遺産相続を契機に関係が悪化し...

  • 相続遺産の独り占めを阻止するには

    相続遺産の独り占めを阻...

    相続の際、誰がどの財産をどのくらい受け取るかについては、遺言の内容や遺産分割協議によって決定されます。...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 成年後見制度の種類

    成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    夫婦の共有財産として持ち家がある場合、その住宅ローンをどのようにするか、離婚の際に問題になることがあり...

  • 性格の不一致を理由に離婚するには

    性格の不一致を理由に離...

    性格の不一致は、離婚原因として最も多く挙げられています。 離婚には夫婦の話し合いによる協議離婚と、裁判...

よく検索されるキーワード

ページトップへ