043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続放棄の期限

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄の期限

相続放棄の期限

相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。

この期間は相続開始からではなく、自己のために相続があったことを知った時からと定められていて、具体的には相続開始の原因(例えば親が亡くなったこと)を知り、自己が法律上相続人となった事実を知ったときから起算されます。

しかし、相続財産の調査をその3ヶ月で行うのが難しい場合もあり、この期間は申し立てにより伸長することもできます。

この3ヶ月という期間内に何らのアクションも起こさなかった場合には単純承認したものとみなされるため、限定承認や相続放棄をする場合には早急に判断を下すか、期間を伸長する必要があります。

また、この期間内でも限定承認や相続放棄ができなくなる場合もあります。
それは相続人が相続財産を処分した場合で、例えば、相続財産である不動産を相続人が売ってしまうなどです。

このような行為は本来であれば権利者でなければできないような行為であるため、そのような行為をした後にやはり相続放棄をすると言い出すのは行動が矛盾しているということがわかると思います。

他にも相続放棄した後に相続財産を隠匿、消費した場合にも単純承認したとみなされてしまいます。

相続放棄や限定承認をするためには、伸長をしない場合には3ヶ月という決められた期間内に処分などの特定の行為をしないで行わなこければなりません。

これらも相続放棄のもつ大きな効果が認められるための厳格な手続きの一部と言えます。

弁護士 福原剛は、千葉県を中心として全国どこでも相談を承っています。
相続・成年後見・離婚問題を中心に、家族の間で生じるお困り事を法律という見地から解決致します。
ぜひお気軽にご相談ください。

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 面会交流を拒否できるか?拒否した場合のデメリット

    面会交流を拒否できるか...

    「妻との関係は冷めきっているので離婚したいと思っているが、子どもとの面会交流について話がまとまらない。...

  • 成年後見

    成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話...

  • 成年後見制度の種類

    成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは

    成年後見制度は、老齢等により事理弁識能力(判断能力)が不十分になってしまった人のために、その人の事務を...

  • 兄弟で争いやすい相続トラブルとは

    兄弟で争いやすい相続ト...

    相続においては、兄弟姉妹間における争いも生じます。仲の良い兄弟であっても、遺産相続を契機に関係が悪化し...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚には全部で4種類あります。 ①協議離婚 協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係...

  • 遺留分とは?

    遺留分とは?

    遺産相続の際、被相続人が生前・死因贈与を行っていたり、遺言により多額の財産を特定人に相続させる旨を記載...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    夫婦の共有財産として持ち家がある場合、その住宅ローンをどのようにするか、離婚の際に問題になることがあり...

  • 性格の不一致を理由に離婚するには

    性格の不一致を理由に離...

    性格の不一致は、離婚原因として最も多く挙げられています。 離婚には夫婦の話し合いによる協議離婚と、裁判...

よく検索されるキーワード

ページトップへ