043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

公正証書遺言 撤回

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 公正証書遺言 撤回

公正証書遺言 または 撤回に関する基礎知識記事や事例

  • 後々もめない公正証書遺言作成のポイント後々もめない公正証書遺言作成のポイント

    遺言と一言に言ってもその種類は多岐にわたり、費用や信頼性によって形式が異なってきます。今回はその中でも公正証書遺言について解説していきます。 ■公正証書遺言 公正証書遺言とは、遺言の一種であり...

  • v千葉市の遺言書作成は弁護士福原剛にご相談ください千葉市の遺言書作成は弁護士福原剛にご相談ください

    遺言書の作成方法にはいくつか種類があります。たとえば、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言というものです。特に自筆証書遺言の場合、公証人を介入させずに個人で作成する遺言のため、形式を間違えて...

  • トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイントトラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

    ■遺言に関するトラブルと対策とは 相続の際には、遺言に関して様々なトラブルが想定されます。 例としては、作成された遺言書が無効であるといわれてしまったり、内容が遺留分を侵害するものであったりする...

  • 公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~

    遺言に従って遺産を分配した結果、特定の法定相続人が著しく少ない財産を承継した場合、または、全く財産を承継できなかった場合には、遺留分侵害額請求をすることができます。 遺留分とは、最低限度の相続分...

  • 生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど

    遺留分とは、財産の相続に当たって、民法上の規定により被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に最低限保障されている財産の取り分をいいます。 そして、遺留分放棄とは、相続に当たってこのような遺留分...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の一つとして遺言書があり、それを書くために成人している必要はなく、14歳から出来るようになりま...

  • 法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?

    自筆証書遺言は、遺言者が自分で作成する遺言のことを指します。 これには簡単に作成できて、余分な費用がかからないという利点がありますが、一方で、自己保管することによって紛失や隠匿、改ざんされ...

  • 相続法改正で何が変わったか相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑だけあれば作成できる自筆証書遺言 ②2名の証人が立ち合いの下、公証人が作成する公正証書遺言 ...

  • 公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

    遺言書を作成する方法は、大きく二つに分けられます。普通方式遺言と特別方式遺言です。通常は、普通方式遺言による方法で遺言書を作成しますが、それが不可能な場合には特別方式遺言による方法で作成します。...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 不動産相続

    不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不...

  • 面会交流を拒否できるか?拒否した場合のデメリット

    面会交流を拒否できるか...

    「妻との関係は冷めきっているので離婚したいと思っているが、子どもとの面会交流について話がまとまらない。...

  • 千葉市の相続に強い弁護士をお探しの方

    千葉市の相続に強い弁護...

    ■相続が発生したら 相続が発生したら、どのような手続きが待っているのかご存じでしょうか。相続は突然発生...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • 協議離婚

    協議離婚

    協議離婚(民法763条)とは、夫婦の協議によって婚姻関係を解消することを言います。協議離婚の場合、裁判...

  • 公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~

    公正証書遺言の効力~遺...

    遺言に従って遺産を分配した結果、特定の法定相続人が著しく少ない財産を承継した場合、または、全く財産を承...

  • 被相続人の介護をした人は遺産相続に有利になるのか

    被相続人の介護をした人...

    ■介護をしていた相続人が有利になる場合とは 相続人が被相続人の介護をしていた場合、相続において財産分与...

  • 成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用する...

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てる...

よく検索されるキーワード

ページトップへ