043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

後見人 裁判所

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 後見人 裁判所

後見人 裁判所に関する基礎知識記事や事例

  • 任意後見制度の活用任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。 任意後見制度は、健常な段階で、あらかじめ後見の範囲と後見人を定めておく制度です。公正証書...

  • 成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務

    成年後見人の仕事には、大きく分けて代理権の行使と、同意権・取消権の行使の二つが存在します。この仕事は、後見・保佐・補助の類型によって大きく異なります。 代理権の行使とは、本人に代わって財産に関...

  • 成年後見成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話し合いに参加し、意味を理解したうえで同意することが難しいからです。 遺産分割協議によって相...

  • 成年後見制度を利用するにあたって成年後見制度を利用するにあたって

    成年後見制度を利用するにあたり、本人がもうすでに判断能力が不十分である場合には、家庭裁判所に申し立てることにより、法定後見制度を利用することになります。法定後見制度には後見・保佐・補助の三類型が...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければならないため、特別の手続きを要します。手続きを弁護士などに委託することは多いですが、弁護士に依...

  • 後々もめない公正証書遺言作成のポイント後々もめない公正証書遺言作成のポイント

    遺言と一言に言ってもその種類は多岐にわたり、費用や信頼性によって形式が異なってきます。今回はその中でも公正証書遺言について解説していきます。 ■公正証書遺言 公正証書遺言とは、遺言の一種であり...

  • 成年後見制度の種類成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断能力が不十分になる前に、あらかじめ判断能力が不十分になった時に支援してくれる人を選定しておく...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によ...

  • 遺留分を請求されたらどうするべき?適切な対処法とは

    遺留分を請求されたらど...

    親族が亡くなった際、相続で揉めることは珍しくありません。 この際、大きな決め手となるのが遺言ですが、実...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

  • 未成年者が相続人の場合

    未成年者が相続人の場合

    ■未成年者が相続人となった場合 未成年者が相続人となるのは、未成年者の親が亡くなっていたり、祖父母が亡...

  • 孫が代襲相続するときの注意点

    孫が代襲相続するときの注意点

    ■代襲相続とは 代襲相続とは、本来相続人になるはずの人が死亡などの理由により相続できない場合に、代襲相...

  • DV夫(妻)と離婚する方法

    DV夫(妻)と離婚する方法

    「夫から経済的な立場を理由に威圧的な言動を受けている。もう耐え難く離婚したいが、どうすればよいだろうか...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    遺留分侵害額請求権の時...

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在しま...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間...

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    相続人が一人ではない場合、どの財産がどれくらい誰のものになるかといった話し合いをして遺産の分割について...

よく検索されるキーワード

ページトップへ