043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

成年後見 相談 千葉県

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 成年後見 相談 千葉県

成年後見 相談 千葉県に関する基礎知識記事や事例

  • 相続のための事前準備相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷い、時には争いトラブルが発生してしまいます。 そういった事態を避けるためにも財産をどのよ...

  • 不動産相続不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不動産を全相続人での共有とすることは少なく、相続人の1人が不動産をすべて取得して、他の相続人に...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄をするための流れとしてはまず、自己が相続人にあたるかの確認が必要になります。 民法は法定相続人とその相続人の取り分までをも定めています。また、誰が亡くなっているかによって相続人が誰にな...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相...

  • 成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務成年後見人(成年後見人、保佐人、補助人)の職務・義務

    成年後見人の仕事には、大きく分けて代理権の行使と、同意権・取消権の行使の二つが存在します。この仕事は、後見・保佐・補助の類型によって大きく異なります。 代理権の行使とは、本人に代わって財産に関...

  • 成年後見制度の種類成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断能力が不十分になる前に、あらかじめ判断能力が不十分になった時に支援してくれる人を選定しておく...

  • 任意後見制度の活用任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。 任意後見制度は、健常な段階で、あらかじめ後見の範囲と後見人を定めておく制度です。公正証書...

  • 公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~

    遺言に従って遺産を分配した結果、特定の法定相続人が著しく少ない財産を承継した場合、または、全く財産を承継できなかった場合には、遺留分侵害額請求をすることができます。 遺留分とは、最低限度の相続分...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    遺産の範囲を確定するにあたっては調査が必須になります。これは遺言が残されていた場合でも変わりません。 相続の対象となる遺産は、死亡時に被相続人が所有していた全ての財産となります。 遺産について...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなっていた場合に被相続人からみて孫、曾孫、甥や姪が相続財産を受け継ぐことをいいます。 本来、配偶者や子などは法定の相続人として認められていますが、...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    離婚の際に慰謝料の支払いが行われることが多々ありますが、そもそも慰謝料とは、法的には民法上の不法行為に...

  • 生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど

    生前の遺留分放棄|具体...

    遺留分とは、財産の相続に当たって、民法上の規定により被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に最低限保障さ...

  • 千葉市にお住まいで離婚を考えられている方

    千葉市にお住まいで離婚...

    ■離婚をするには 一口に離婚をするといっても、その方法は1つではありません。一般的によく行われている、...

  • 相続の順番(法定相続人)とは

    相続の順番(法定相続人)とは

    ■相続はどうやってなされるのか 人が亡くなると、相続が発生します。故人の財産は、遺産として相続人に承継...

  • 【相続トラブル対策】財産目録の作成のすすめ

    【相続トラブル対策】財...

    財産目録がなくとも、相続を行うこと自体は可能です。 もっとも、相続トラブルを防ぐためには、財産目...

  • 不動産相続

    不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不...

  • 後々もめない公正証書遺言作成のポイント

    後々もめない公正証書遺...

    遺言と一言に言ってもその種類は多岐にわたり、費用や信頼性によって形式が異なってきます。今回はその中でも...

  • DV夫(妻)と離婚する方法

    DV夫(妻)と離婚する方法

    「夫から経済的な立場を理由に威圧的な言動を受けている。もう耐え難く離婚したいが、どうすればよいだろうか...

  • 遺留分を請求されたらどうするべき?適切な対処法とは

    遺留分を請求されたらど...

    親族が亡くなった際、相続で揉めることは珍しくありません。 この際、大きな決め手となるのが遺言ですが、実...

よく検索されるキーワード

ページトップへ