043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

相続 権利

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 相続 権利

相続 権利に関する基礎知識記事や事例

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月以内に行わなければなりません。 この期間は相続開始からではなく、自己のために相続があったことを知った時からと定められていて、具体的に...

  • 任意後見制度の活用任意後見制度の活用

    成年後見制度には、家庭裁判所の審判による法定後見制度のほか、本人の契約による任意後見制度が存在します。 任意後見制度は、健常な段階で、あらかじめ後見の範囲と後見人を定めておく制度です。公正証書...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    遺産の範囲を確定するにあたっては調査が必須になります。これは遺言が残されていた場合でも変わりません。 相続の対象となる遺産は、死亡時に被相続人が所有していた全ての財産となります。 遺産について...

  • 孫に遺留分は認められる?注意点も併せて解説孫に遺留分は認められる?注意点も併せて解説

    「祖母が亡くなったが、遺言で第三者に財産を全て遺贈していた」 このケースのように、被相続人が亡くなった後に、孫が一銭も遺産を受け取ることができず、生活に窮してしまうことがあります。 しかしこうい...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在します。 このうち、遺言書による相続方法では、遺言者により自由に相続内容や相続人が決定できてしま...

  • 生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど

    遺留分とは、財産の相続に当たって、民法上の規定により被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に最低限保障されている財産の取り分をいいます。 そして、遺留分放棄とは、相続に当たってこのような遺留分...

  • 特別受益とは?対象となるケースや遺留分との関係など特別受益とは?対象となるケースや遺留分との関係など

    特別受益とは、被相続人から一部の相続人だけが受け取った、生前贈与や遺贈などによる利益のことを指します。 もっとも、特別受益の対象となるのはどのようなケースか正確に知らない方が多いので...

  • 相続放棄相続放棄

    相続というとプラスの財産ばかり想像しがちですが、被相続人の権利義務を一切承継するという性質上、相続によって被相続人の借金のようなマイナスの財産を相続することもあります。 また、そのようなマイナ...

  • 相続法改正で何が変わったか相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑だけあれば作成できる自筆証書遺言 ②2名の証人が立ち合いの下、公証人が作成する公正証書遺言 ...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 成年後見制度の種類

    成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断...

  • 全財産を一人に相続させる場合の遺言書の書き方

    全財産を一人に相続させ...

    自分の死後に、自分の財産を相続させたくない相続人がいる場合や、全財産を一人の相続人に相続させたい場合...

  • 審判離婚

    審判離婚

    審判離婚とは、離婚調停が不調に終わった際に、家庭裁判所が職権で離婚について審判を下し、それによって成立...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    夫婦が離婚した場合、その当事者の氏と戸籍だけでなく、その子の氏と戸籍にも変動が生じ得ます。以下では、ま...

  • v千葉市の遺言書作成は弁護士福原剛にご相談ください

    千葉市の遺言書作成は弁...

    遺言書の作成方法にはいくつか種類があります。たとえば、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言というも...

  • DV夫(妻)と離婚する方法

    DV夫(妻)と離婚する方法

    「夫から経済的な立場を理由に威圧的な言動を受けている。もう耐え難く離婚したいが、どうすればよいだろうか...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 後々もめない公正証書遺言作成のポイント

    後々もめない公正証書遺...

    遺言と一言に言ってもその種類は多岐にわたり、費用や信頼性によって形式が異なってきます。今回はその中でも...

  • 【相続トラブル対策】財産目録の作成のすすめ

    【相続トラブル対策】財...

    財産目録がなくとも、相続を行うこと自体は可能です。 もっとも、相続トラブルを防ぐためには、財産目...

よく検索されるキーワード

ページトップへ