043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

遺産 預金

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 遺産 預金

遺産 または 預金に関する基礎知識記事や事例

  • 公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

    遺言書を作成する方法は、大きく二つに分けられます。普通方式遺言と特別方式遺言です。通常は、普通方式遺言による方法で遺言書を作成しますが、それが不可能な場合には特別方式遺言による方法で作成します。...

  • 遺留分を請求されたらどうするべき?適切な対処法とは遺留分を請求されたらどうするべき?適切な対処法とは

    親族が亡くなった際、相続で揉めることは珍しくありません。 この際、大きな決め手となるのが遺言ですが、実は遺言よりも優先される遺留分という権利があることをご存知でしょうか。 今回は遺留分の特徴と請...

  • 不動産相続不動産相続

    遺産分割は各相続人の相続分によって公平に分担されなければなりません。 不動産が相続される場合、その不動産を全相続人での共有とすることは少なく、相続人の1人が不動産をすべて取得して、他の相続人に...

  • 公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~

    遺言に従って遺産を分配した結果、特定の法定相続人が著しく少ない財産を承継した場合、または、全く財産を承継できなかった場合には、遺留分侵害額請求をすることができます。 遺留分とは、最低限度の相続分...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の一つとして遺言書があり、それを書くために成人している必要はなく、14歳から出来るようになりま...

  • 兄弟で争いやすい相続トラブルとは兄弟で争いやすい相続トラブルとは

    相続においては、兄弟姉妹間における争いも生じます。仲の良い兄弟であっても、遺産相続を契機に関係が悪化し、訴訟で争うこととなるケースも決して珍しくありません。 そのような事態にならないよう、兄弟間...

  • 【相続トラブル対策】財産目録の作成のすすめ【相続トラブル対策】財産目録の作成のすすめ

    財産目録がなくとも、相続を行うこと自体は可能です。 もっとも、相続トラブルを防ぐためには、財産目録の作成は非常に重要になってきます。 この記事では、相続トラブル対策としての財産目録の作...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相...

  • 中央区の相続相談は当事務所へ!中央区の相続相談は当事務所へ!

    相続に関しては様々な問題が生じます。 相続が発生した場合、まずは初めにやらなければならないこととして相続人や相続財産を調査があります。 これを行わなければ後から相続人が増えたり、相続財産が変わっ...

  • 相続のための事前準備相続のための事前準備

    相続が始まると、被相続人が生前の意思を残しておかないと残された家族は被相続人からの財産の帰属について迷い、時には争いトラブルが発生してしまいます。 そういった事態を避けるためにも財産をどのよ...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 遺留分とは?

    遺留分とは?

    遺産相続の際、被相続人が生前・死因贈与を行っていたり、遺言により多額の財産を特定人に相続させる旨を記載...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    未成熟子がいる夫婦が離婚する場合、その子供について夫婦間で様々な事項を取り決める必要があります。 ま...

  • 面会交流を拒否できるか?拒否した場合のデメリット

    面会交流を拒否できるか...

    「妻との関係は冷めきっているので離婚したいと思っているが、子どもとの面会交流について話がまとまらない。...

  • 面会交流権

    面会交流権

    面会交流権とは、親と子が会って一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で交流したりする権利です。面会交流権は...

  • 遺産分割協議・調停

    遺産分割協議・調停

    相続人が一人ではない場合、どの財産がどれくらい誰のものになるかといった話し合いをして遺産の分割について...

  • 相続法改正で何が変わったか

    相続法改正で何が変わったか

    平成30年の相続法の改正により、相続の遺言の要件が緩和されました。 遺言にはそもそも ①紙とペンと印鑑...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    民法上、婚姻費用は夫婦で分担するものとされており、夫婦は婚姻費用を分担する義務を負います(760条)。...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、...

  • 法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?

    法務局での自筆証書遺言...

    自筆証書遺言は、遺言者が自分で作成する遺言のことを指します。 これには簡単に作成できて、余分な費...

よく検索されるキーワード

ページトップへ