043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

遺言 内容

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 遺言 内容

遺言 内容に関する基礎知識記事や事例

  • 相続の流れ相続の流れ

    人が亡くなると相続が始まります。 相続の手続きのためにはまず、遺産の範囲と相続人を確定させなければなりません。遺産の範囲といっても、被相続人が生前有していた財産だけではなく、債務などのマイナス...

  • 兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?

    遺留分とは、最低限度の相続分のことをいいます。通常は、民法で定められる法定相続分に従って財産を分配します。もっとも、相続分について遺言で特別の定めがある場合には、遺言に従って、財産を分配すること...

  • 遺留分とは?遺留分とは?

    遺産相続の際、被相続人が生前・死因贈与を行っていたり、遺言により多額の財産を特定人に相続させる旨を記載していた場合には、相続人の取り分が少なくなってしまい、相続財産に不平等が生じるおそれがありま...

  • 生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど生前の遺留分放棄|具体的な方法やメリット・デメリットなど

    遺留分とは、財産の相続に当たって、民法上の規定により被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に最低限保障されている財産の取り分をいいます。 そして、遺留分放棄とは、相続に当たってこのような遺留分...

  • 孫に遺産相続する方法とは?注意点も併せて解説孫に遺産相続する方法とは?注意点も併せて解説

    自分の死後に、子や孫に財産を相続させたいと思っていらっしゃる方は多いです。 孫に相続をさせたい場合には、どのような手順が必要なのでしょうか。 本稿では、孫に遺産相続する方法やその注意点...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在します。 このうち、遺言書による相続方法では、遺言者により自由に相続内容や相続人が決定できてしま...

  • 公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

    遺言書を作成する方法は、大きく二つに分けられます。普通方式遺言と特別方式遺言です。通常は、普通方式遺言による方法で遺言書を作成しますが、それが不可能な場合には特別方式遺言による方法で作成します。...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の一つとして遺言書があり、それを書くために成人している必要はなく、14歳から出来るようになりま...

  • トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイントトラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

    ■遺言に関するトラブルと対策とは 相続の際には、遺言に関して様々なトラブルが想定されます。 例としては、作成された遺言書が無効であるといわれてしまったり、内容が遺留分を侵害するものであったりする...

  • 千葉市の相続に強い弁護士をお探しの方千葉市の相続に強い弁護士をお探しの方

    ■相続が発生したら 相続が発生したら、どのような手続きが待っているのかご存じでしょうか。相続は突然発生する問題です。しかし、相続に関する手続きは、多くのことを同時並行に行い、計画的に進める必要が...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 全財産を一人に相続させる場合の遺言書の書き方

    全財産を一人に相続させ...

    自分の死後に、自分の財産を相続させたくない相続人がいる場合や、全財産を一人の相続人に相続させたい場合...

  • 遺言書にはどのような効力があるか

    遺言書にはどのような効...

    遺言とは、被相続人の生前最後の意思表示を死後に遺したものです。通常遺言書には、誰にどの財産を譲り渡すか...

  • 千葉市にお住まいで離婚を考えられている方

    千葉市にお住まいで離婚...

    ■離婚をするには 一口に離婚をするといっても、その方法は1つではありません。一般的によく行われている、...

  • モラハラ(モラルハラスメント)による離婚

    モラハラ(モラルハラス...

    「モラハラ夫の言動が酷いため、離婚したい。慰謝料はどの程度支払ってもらえるのだろうか。」 「妻からモラ...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    遺留分侵害額請求権の時...

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在しま...

  • トラブルを引き起こさない遺言書の作成ポイント

    トラブルを引き起こさな...

    ■遺言に関するトラブルと対策とは 相続の際には、遺言に関して様々なトラブルが想定されます。 例としては...

  • 兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?

    兄弟が法定相続人になっ...

    遺留分とは、最低限度の相続分のことをいいます。通常は、民法で定められる法定相続分に従って財産を分配しま...

  • 養育費を払わない夫への対処方法

    養育費を払わない夫への...

    「離婚相手が再婚後、養育費を払わないでいる。養育費を支払ってもらうためにはどうすればよいだろうか。」 ...

  • 後々もめない公正証書遺言作成のポイント

    後々もめない公正証書遺...

    遺言と一言に言ってもその種類は多岐にわたり、費用や信頼性によって形式が異なってきます。今回はその中でも...

よく検索されるキーワード

ページトップへ