043-224-2233 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00~17:00

預金 相続 分割

  1. 弁護士 福原 剛 >
  2. 預金 相続 分割

預金 または 相続 または 分割に関する基礎知識記事や事例

  • 配偶者と別居に必要な準備とは配偶者と別居に必要な準備とは

    離婚に先んじて、配偶者との別居を考えている方もいらっしゃるかと思います。しかし、別居という事実は離婚に際して非常に重要な意味を持ち、不適切な別居であれば慰謝料を請求されたり、離婚請求自体が認めら...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければならないため、特別の手続きを要します。手続きを弁護士などに委託することは多いですが、弁護士に依...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続では相続人間での争いが起こることも少なくなく、そういったトラブルを回避するために生前にとれる対応の一つとして遺言書があり、それを書くために成人している必要はなく、14歳から出来るようになりま...

  • 成年後見制度の種類成年後見制度の種類

    成年後見制度には、大きく分けて任意後見制度と法定後見制度の二種類が存在します。 任意後見制度は、判断能力が不十分になる前に、あらかじめ判断能力が不十分になった時に支援してくれる人を選定しておく...

  • 相続の流れ相続の流れ

    人が亡くなると相続が始まります。 相続の手続きのためにはまず、遺産の範囲と相続人を確定させなければなりません。遺産の範囲といっても、被相続人が生前有していた財産だけではなく、債務などのマイナス...

  • 兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?兄弟が法定相続人になった場合、遺留分は認められる?

    遺留分とは、最低限度の相続分のことをいいます。通常は、民法で定められる法定相続分に従って財産を分配します。もっとも、相続分について遺言で特別の定めがある場合には、遺言に従って、財産を分配すること...

  • 性格の不一致を理由に離婚するには性格の不一致を理由に離婚するには

    性格の不一致は、離婚原因として最も多く挙げられています。 離婚には夫婦の話し合いによる協議離婚と、裁判所が介入する調停離婚・審判離婚・裁判離婚が挙げられます。 このうち協議離婚による場合は夫婦双...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在します。 このうち、遺言書による相続方法では、遺言者により自由に相続内容や相続人が決定できてしま...

  • 法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?法務局での自筆証書遺言保管制度にはどんなデメリットがある?

    自筆証書遺言は、遺言者が自分で作成する遺言のことを指します。 これには簡単に作成できて、余分な費用がかからないという利点がありますが、一方で、自己保管することによって紛失や隠匿、改ざんされ...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続に対して相続人がとる対応としては単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあります。被相続人の権利義務、財産(プラスもマイナスも)を原則全て承継するのが単純承認です。その反対に全てを放棄するのが相...

弁護士 福原 剛が提供する基礎知識

  • 全財産を一人に相続させる場合の遺言書の書き方

    全財産を一人に相続させ...

    自分の死後に、自分の財産を相続させたくない相続人がいる場合や、全財産を一人の相続人に相続させたい場合...

  • 相続の順番(法定相続人)とは

    相続の順番(法定相続人)とは

    ■相続はどうやってなされるのか 人が亡くなると、相続が発生します。故人の財産は、遺産として相続人に承継...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    親権とは、父母の地位から生ずる法的な権利義務の総称を言います。その内容は、身上監護権と財産管理権の2つ...

  • 公正証書遺言の作成手順|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

    公正証書遺言の作成手順...

    遺言書を作成する方法は、大きく二つに分けられます。普通方式遺言と特別方式遺言です。通常は、普通方式遺言...

  • 公正証書遺言の効力~遺留分侵害請求はできる?~

    公正証書遺言の効力~遺...

    遺言に従って遺産を分配した結果、特定の法定相続人が著しく少ない財産を承継した場合、または、全く財産を承...

  • 遺言書にはどのような効力があるか

    遺言書にはどのような効...

    遺言とは、被相続人の生前最後の意思表示を死後に遺したものです。通常遺言書には、誰にどの財産を譲り渡すか...

  • 遺留分侵害額請求権の時効はいつまで?

    遺留分侵害額請求権の時...

    ■遺留分とは 相続の際、財産の分け方には民法の規定にのっとるものと、遺言書によるものの2種類が存在しま...

  • 成年後見

    成年後見

    例えば相続人の中に認知症を患っている方がいるとすると、遺産分割協議を行うことはとても難しくなります。話...

  • 成年後見で弁護士がお手伝いできること

    成年後見で弁護士がお手...

    成年後見制度を利用するにあたり、法定後見制度を利用するならば必ず家庭裁判所への申し立てを行わなければな...

よく検索されるキーワード

ページトップへ